【レポート No.135】投資戦略分析

今回は、投資に関する検証レポートをお送りします。

手元に100万円があったとします。これをどのコインにどのくらい投資すればよいか?皆さんはどのような戦略を取りますか?

・BTCだけを100万円買う

・BTCとETHを半分づつ買う

・広くコインをなるべく分散して買う

・これぞと思ったコインに集中投資で1点買いをする

いろいろな意見があるとおもいます。

一方で、日本では、アルトコイン投資家のほうが多いと見れれていて、アルトコインに寄ったポートフォリオを組んでいるひとが多いようにもおもいます。

その理由として、

・ビットコインには乗り遅れたし、これから大きく伸びるとは思わず、退屈だ

・アルトコインのほうが有望だし、100倍になる銘柄もあるので、手っ取り早く億れる

といったものが上げれるとおもいます。

そこで、一度、実際のデータをつかって、どのようなポートフォリオのパフォーマンスが良いのか、過去を検証してみました。

Coin market Capのデータを使い、2014-2019年の各年の1月1日に100万円分のコインを購入したとします。それが、2019/5/22の時点で、幾らになっているのかを計算しました。

購入ストラテジーは3種類です。

①単純BTCホールド。BTCだけを全額買う戦略です。

②市場インデックス。BTCを含んだTOP20のコインを、時価総額の比率に応じて購入する戦略です。

③アルトコインインデックス。BTCを*除いた*TOP20のコインを、時価総額の比率に応じて購入する戦略です。

さて、どの戦略が最も良かったでしょうか?

結論をいうと、アルトインデックスが最良で、次がBTCの単純ホールド。市場インデックスはBTC単純ホールドと比べて決してメリットの多い結果にはなりませんでした。

本レポートでは、この結果について、くわしいデータとともに解説するとともに、要因をさぐっていきます。

レポート後半では、データを踏まえて、どのような購入方法が良いのかというのを考察してみたいと思います。

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る