【レポート No.131】暗号通貨の最新評価手法のアップデート

PlaceholderというVCのChris Burniske氏が先日公開した、暗号通貨の評価手法の最新アップデートをTokenLabのIndivさんに日本語でまとめ、解説していただきました。

Crypto Asset Valuationsという記事で2017年に彼が出した、MV = PQという評価手法は賛否両論ありますが界隈でも注目されており、今回はそれに加えその式が当てはまる場合と当てはまらない場合、など評価手法を切り替えていくこと、が今回のレポートの主な焦点のようです。
目次
アセットクラスの分類とクリプトへの適応
MV = PQの誤りについて
Productive CapitalとInvestment Capitalについて

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る