【レポート No.133】トレーダーのための実利的プライバシー

今回は、暗号通貨トレードで利益を追求する方々に向けたプライバシーに関する寄稿レポートです。
暗号通貨の特性上、トランザクション履歴は常に公開されています。それゆえ株やFXトレードとは異なる特有のプライバシー問題が存在します。例えば、個人のウォレットアドレスが第三者に監視されると、先回りされ不利益を生じる結果が十分にありえます。また実際にトランザクション情報を活用しているトレーダーや企業もすでに存在するようです。
レポート内では、そうした問題を列挙し、それに対する対策や todo リストをまとめています。ぜひ参考にして、ご自身の情報をコントロールし、プライバシー問題への意識を高めていただければと思います。
目次
– はじめに
– プライバシーの基礎知識
– オンチェーン上のプライバシー
– ウォレットの特徴分析
– ビットコインは本当に透明性が高いのか
– オフチェーン上のプライバシー
– 取引所の先回り売買
– 機関投資家によるUTXOの監視と分析
– Unchained Capital
– サービス運営者の情報優位性
– electrum
– 取引所の利用
– カストディリスク以外のリスク
– まとめ

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る