LNにおけるBTCの新しい担保システムとそのBTCへの影響

今回のレポートはTokenLabのIndivさんからの寄稿で、Lightning Networkの流動性の課題と、それを解決するための一つの手段としての「再担保契約」という新たな提案について、その中身とリスク、またビットコインの透明性などの強みなどについて解説していただきました。

比較的短めなレポートですが、LN上での流動性をどう向上させるかという話、また金融的な考え方のビットコイン、セカンドレイヤープロトコルへの導入など重要なテーマの一つだと思います。

また、レポートでも解説されていますが、このような考え方はむしろ今後セカンドレイヤーをなんとか発展させたいアルトコインにとっても重要な考え方になる可能性があるのと、ビットコインのセカンドレイヤーの機能性の改善やセカンドレイヤー上の分散取引所の改善などはアルトコインの市場にも重大な影響を及ぼす可能性もあるので、知っておいた方がよいでしょう。

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る