【レポート No.129】Cosmosトークンデザインの概要と考察

Cosmos上のトークンデザインの概要を簡単に解説、課題などについて考察するレポートを書きました。

Cosmosは複数トークンやチェーンをつなぐネットワークを目指しており、そのトークン設計も単一のブロックチェーンのものとは違うので興味深い点も多いです。Atom、Photonの概要だけでなく、複数のコインを手数料支払いに利用する仕組みや課題なども考えていますので、是非全体像を理解するのに活用ください。

また、大石さんから指摘があり、一部情報を更新、追記などしたのですが、まだまだCosmosのトークン設計の細かい部分は固まっていない部分も多いようで、発展途上感は否めないです。

 

目次

Cosmosのトークンシステムの特徴 1
Atomトークン概要 2
「Atom」と「Photon」 2つのトークンを併用する狙い 2
Photonの生成プロセスとユースケース 4
Atom、Photon以外の複数トークンを利用した手数料支払い 5
AtomとPhoton、マルチトークンシステムの問題は? 6
Atomによるガバナンス投票と懸念 7
AtomとPhotonの保有や投資の是非 9
まとめと結論 10

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る