【レポート No.123】Thomas Lee氏「暗号通貨の経済」理論の要点

今回のレポートは、暗号通貨界隈でも有名なアナリストであるThomas Leeさんの理論についてTokenLabさんにまとめていただきました。彼がなぜ今後暗号通貨の市場が長期的に伸びると考えているのか、実際のデータを用いつつ仮説として非常に明快な説明がされていて参考になります。是非ご確認ください。

以下大石さんの紹介分引用↓
今回は、Thomas Lee氏の「暗号通貨の経済」というプレゼンテーションの要約をお届けします。昨年末にこのプレゼンを見て、個人的に深い感銘をうけました。そのため、皆さんにもぜひシェアしたく思っています。
Thomas Lee氏は、いわゆる基礎のリサーチをするアナリストです。アナリストは自ら投資するということではなく、中立的な立場から、投資家が判断材料として使えるための事実をリサーチしてくるというような仕事です。
ですので、このプレゼンも事実に基づいています。その事実が非常に興味深い。
Tomas Lee氏は暗号通貨業界の成長を確信しており、その確信を過去のデータと数字で的確に理由付けしています。
とりわけ興味深く衝撃的だったのは、人口動態に関するもの。1985年以降2000年にうまれた「ミレニアム世代」は、過去最大の人口規模を要し、彼らの消費・投資行動が今後の株や資産価格に強い影響力を持つのが必須だとしている点です。
これらのミレニアム世代が成長し、家、車を買い、次に投資をおこなうようになる。その時、クリプトへ投資が少なくない選択肢になります。この影響を分析していますが、驚くべき数字が明かされています。思わず数字を何度も見て、目を疑いました。
そしてそのピークはこれから訪れ、まだ長く続くのです。
シンプルで理解しやすい話ですので、ぜひお読みください。(大石)
目次
・Thomas Lee氏の「暗号通貨の経済」プレゼン 1
・Thomas Lee氏のバックグラウンドについて (開始~2:40) 2
・Overview (2:40~3:52) 2
1.Digital Trustについて (3:52~) 4
– 人々が政府をどこまで信用しているか見てみる(5:14~) 4
– ミレニアル世代はどう思っているかについて (6:37~) 6
2.ミレニアル世代が変化を推進する(7:13~) 7
– なぜミレニアル世代が重要なのか (8:02~) 8
– Baby Boomerを例に、世代の動きがなぜ10年以上続くのかを見ていく(11:55~) 10
– ミレニアル世代が現在どこにいるかを見てみる(13:57~) 12
3.クリプトは資産クラスであるという話 (18:13~) 18
– 価値の保存について (19:32~) 20
4.Wall Street がなぜ気にするようになるのか (20:21~) 21
・スライド 26
・プレゼン動画 26

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る