【レポート No.125】ブロックチェーンガバナンス:9つのプロジェクトからの抜粋

今回はTokenLabさんと協力して、ガバナンスに関してよくまとまっていた海外のレポートの要約、解説レポートを作成しました。

いわゆるブロックチェーンの「ガバナンス」は以前から議論されることがありましたが、2019年に入り注目されつつある領域の一つです。
今回のレポートでは一般的に言われるブロックチェーンガバナンスは何か、考えるべきポイントはどこか、のまとめとしては良いと思います。(画像で重要なポイントを一部まとめています)

 

目次

1.ガバナンスとは 2
効率的な変更を達成するための手段としてのガバナンス 3
クイックアップデートにより、企業および一般市場向けのエンドユーザーユースケースが可能になる 3
ブロックチェーンガバナンスは 、既存企業への間接的な依存を緩和する 4
競争優位性としてのガバナンス 4
2.オンチェーンガバナンス(Cosmos Network、DFINITY、Qtum、およびTezos) 4
2.1 Cosmos:クロスチェーンプロジェクトにおける各ブロックチェーンの個々のガバナンス 4
未解決の質問 5
2.2 DFINITY:Blockchain Nervous System(BNS)を通じたガバナンス 5
プロポーザル提出 5
投票 6
DFINITYのニューロン 6
プロポーザル評価 6
プロポーザルの実装 7
ビルトインのバージョン管理システム 7
テイクアウェイ(重要な点) 7
2.3 Qtum:ハイブリッドガバナンスとガバナンスのスペクトル 8
ハード/ソフトフォーク、修正プログラム、またはその両方 10
Qtumの分散型ガバナンスプロトコル(DGP)のプロセス 10
ガバナンスの範囲:人間の関与100%から0% 10
テイクアウェイ(重要な点) 11
2.4 Tezos 11
実施までの4選挙サイクル 12
テイクアウェイ(重要な点) 12
3. オンチェーンガバナンス 12
3.1 aeternity : 12
3.2 Dash : 13
3.3 Decred:議会による(一時的な)オフチェーンガバナンス 13
Admission Council 13
新しいCouncilを創設するためのCreation Council 13
Assembly メンバーおよびCouncilを終わらせるためのAttrition Council 13
テイクアウェイ(重要な点) 13
3.4 BitcoinとEthereum 14
総括まとめ:ガバナンスモデルに関して覚えてほしい点 14

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る