ビットコインキャッシュハードフォークにむけたユーザーガイド

【特別レポート】

Bitcoin Cashの11月15日のハードフォーク問題に関連して、ユーザーの間で混乱や不安が見られます。ある程度対策を理解していないと、場合によっては大きな金額を失ったり、機会を損失する可能性もあるます。今回のレポートは、フォークで知っておくべきことと、具体的な対策についてユーザーガイドとして、まとめました。

概要

 

・分裂の背景
・BCHの高騰要因
・コインは分裂するのか?
・11月15日のシナリオ
・ユーザータイプ毎のガイド
-BCHの長期ホルダー
-TrezorとLedgerユーザー
-BCHの決済ユーザー、BCH受け入れショップ
-フォークコインを貰いたい投資家
-長期ホルダーであるが、どちらかのコインだけが欲しい場合、もしくは価格がどうなるか次第でコイン売買をしてヘッジしたい場合
-トレーダーの場合
-よくわかんないけど小口のBCHを持ってるという人
-フォークコインも手に入れて、送金もしたい場合
・ポイントまとめ
・2つのコインに分裂が不可避な理由

こちらはRICO(Reversible ICO)と呼ばれるもので、いわゆる返金機構つきのICOです。事前にできる限りのお金を集めて、というタイプのICOは、資金の使い込みや非効率なアロケーションなど問題も多いので、こういう返金機構付きの方が明らかに健全だと思います。

ビットコイン研究所 入会ページへ

関連記事

ページ上部へ戻る