【レポート No.113 】ビットコインキャッシュ ハードフォークにむけた議論入門

11月15日に予定されているビットコインキャッシュのハードフォークについて、焦点になっているBCH ABC, BCH SVの両陣営の技術的概要とそれぞれの仕様のメリットとデメリット、などを、基本から平易な言葉で解説しています。

ビットコインキャッシュのハードフォークに関しては政治的な論争の色合いも強くなっていますが、技術的な部分も理解しておくことで、どちらの陣営の主張を指示すべきかなど、より長期的に合理的な判断が出来ると思います。

こちらのレポートは8月にビットコイン研究所で公開されたレポートですが、BCHの二つの陣営の技術や主張を理解するための導入レポートとして、一番よくまとまっています。

目次

BCHのガバナンスについての基礎知識 2

各クライアントソフトウェアの特徴と開発方針の違い 3

論点となる機能33つと、各開発者意見の相違ポイントについて 5

OP_CHECKDATASIGVERIFY、OP_CHECKDATASIG とはどういうものか 5

lexical orderingとはどういうものか 6

ブロックサイズのさらなる拡大について 7

BitcoinABCの11月のHFについて 7

CSW氏の「激怒」 7

すでに22%(最大)シェアのプールを抑えたCSW 8

ヴィタリックの横槍と、ジーハンのフェイクサトシ発言 9

Bitcoin Unlimited側からの批判 11

Bitcoin Unlimitedの妥協案について 12

OP_GROUP 13

BIP101 13

各クライアントの意見まとめ表 14

所感。分裂は避けられるのか? 14

レポートの閲覧

関連記事

ページ上部へ戻る