法人プランに関して

ビットコイン研究所は、ビットコインを中心とした仮想通貨やブロックチェーンの研究、解説を行うリサーチグループです。ブロックチェーンに関わる重要なトピックや技術、トレンドに関するレポートの提供を2015年からいち早く開始し、国内で最大規模の実績と評価を得ています。

 

ビットコイン研究所の特徴

ビットコインに関してどこよりも詳しく

様々な新規ブロックチェーンプロジェクトや技術、ユースケースが出てくる中、ビットコインは最大かつ最も重要な領域であり続けています。ビットコインの理解なくしてブロックチェーンは語れませんし、関連事業に携わる企業にとっても避けては通れないものだと私たちは考えています。

ビットコイン研究所では2015年から仮想通貨、ブロックチェーンの中でも特にビットコインを中心に解説、レポートを提供している国内で唯一のグループで、研究所に参加することで150以上の解説レポートや100以上の日替わりの業界コラムを通してビットコインの基本から深い理解を得ることが出来ます。

ビジネス、技術、マーケットなど、重要トピックを幅広くカバー

ビットコイン研究所では平日毎日、5人のコラムニストが交代で、ビジネス、技術、マーケットなどそれぞれの専門分野や独自の視点から考察や解説を提供しています。業界・ビジネストレンドの分析、技術解説、マーケットの動き、ユースケース紹介など、ビットコイン研究所に参加することで、ビットコイン、ブロックチェーンの最重要トピックを総合的に効率よく吸収することが出来ます。

また、ビットコイン以外の重要なトレンドや技術に関しても中立的視点から率直に評価、解説しており、特にCosmosなどの相互互換の新型ブロックチェーンに関しては日本国内でStaking Poolを運営するStirとも連携し、定期的にアップデートしています。

 

専門的な知識を分かりやすく

ビットコイン研究所では専門的な知識やプロジェクトを扱いますが、2015年のグループスタート時よりわかりやすく平易な言葉で解説しています。特に、まだあまりビットコインに詳しくない非開発者、ビジネス担当、意思決定者であっても、テクニカルな部分も含めて無理なく理解出来るように心がけています。基本的な知識を解説する過去のレポートなども活用すれば、無理なくキャッチアップ出来るはずです。また、より具体的な質問をしたい場合は匿名の質問フォームも用意しているので、専門家に直接質問をリクエストすることも可能です。

 

法人プランを確認する

 

 

 

 

レポート、コラムの内容紹介

研究レポート

研究レポートでは、ビットコインの分裂問題の示唆、Lightning Networkやサイドチェーン等の重要技術やトレンドの解説、新興ブロックチェーンの動向とビットコインとの関係性、新技術の導入タイミングや紹介、規制の動向や影響、ICOの論点と評価手法、セキュリティーやプライバシーに関する考察といった話題について2015年から多彩なレポートを提供しています。法人プランの参加企業はアーカイブ化された過去のレポート全てへアクセス可能で、キーワード検索することも出来ます。

 

過去のレポートトピック例

・5分でわかるライトニングネットワーク
・Liquid 革命的サイドチェーンとなるか?
・新コンセンサスプロトコル概観(EOS,Cosmos,Dfinity)
・BicoinにおけるDeFi(分散型金融)
・決定版ハードウェアウォレットの仕組みと比較
・EOSの現状とCosmosやその他のDPoSチェーンへの示唆
・量子コンピュータの実際と仮想通貨への影響
・Staking市場定点観測

 

日替わりコラム

日替わりコラムではビットコインを中心に技術、マーケット、ビジネストレンド、規制などの重要トピックを複数のコラムニストがそれぞれの専門的な視点から多角的に簡潔に分析、解説します。ビットコインに関する最新情報を効率よくキャッチアップしたい企業にとって最適です。

 

現在の連載

・ビットコインマーケット概況 by ココスタ佐々木
・暗号通貨、ブロックチェーンの本質解析 by 大石
・ビットコインの重要トレンドやプロジェクトを独自視点から by 東
・ビットコイン、暗号通貨の技術解説 by 加藤
・アルトコインマーケットビュー by ヨーロピアン

 

過去のコラムトピック例

・Lightning Networkエコシステムの進捗とカストディアルソリューションの是非
・暗号通貨界隈のデータに騙されるな
・ユーティリティトークンの価値
・Schnorr署名、Taprootが描くビットコインの未来
・Jack Dorseyのビットコイン戦略
・ライトコインとビットコインの半減期のシナリオと相違点
イーサミントと、イーサリアムの未来
・ビットコインに多数の実装がある理由と、その是非についての論争
・G20仮想通貨規制の影響を予想する
・アルトコインバブルとBNBトークンいて
複雑化するマイニング戦略と、電力会社との協力関係の模索

 

法人プランを確認する

 

 

 

FAQ

 

  1. コラムとレポートの配布はどのように行われますか?
    コラムとレポートはPDFのフォーマットで、参加時に登録されたメールアドレスに週に2~3回の頻度でお送りします。また、過去のコンテンツは専用の共有フォルダーに全て追加され、研究所の法人プラン利用中はいつでも自由にアクセス出来ます。


  2. 契約期間はありますか?
    法人プランは最低6か月の利用でお願いしています。また、参加にあたりコンテンツの利用範囲などを定めた簡単な利用規約に同意していただいています。

  3. お試しで利用することは出来ますか?
    ビットコイン研究所は基本的には試用プランなどは用意していません。ただし、コラムの一部はCoinPostのNodee上のビットコイン研究所ページで公開しており、こちらからコラムの内容を一部確認することが出来ます。また、時期や事情によっては一時的な利用を可能にする場合もありますので、興味のある方は一度ご連絡いただければ幸いです。

  4. どういう企業が参加していますか?
    現在法人プランの立上げ時期ですが、ブロックチェーン関連のメディア、取引所、ブロックチェーンに関心のある大手企業などから問い合わせをいただいています。

  5. 支払い方法は?請求書や領収書は発行されますか?
    支払いは基本的には銀行振り込みですが、ビットコイン支払いを希望される場合は個別に対応させていただきます。また、請求書、領収書なども一式PDFの形で電子発行させていただきます。もし紙媒体での郵送などを希望される場合、別途手数料を請求させていただきます。

法人プランを確認する

 

 

 

運営者について

大石哲之

ブロガー、エンジェル投資家

2013年にビットコインに出会ってから、フルタイムの暗号通貨ブロガーとして活躍。日本を代表的する暗号通貨ブロク(doublehash.me)を執筆。

ビットコインの仕組みやイーサリアムを初めて日本で一般向けに紹介したほか、Ethereumにイーサリアムと訳語をつけ、定着させた。ICOの概念を日本で初めて紹介し、最初期のICO(Factom、Augur)などのアドバイザーを務めた。エンジェル投資家として、日本・海外のスタートアップに参画している。 1975年東京生まれ。

慶応義塾大学でコンピュータサイエンスを専攻、アクセンチュアのコンサルタント、インターネットリクルーティング会社の創業などをへて現職。

 

東晃慈

起業家、ビットコイナー

2014年よりビットコイン、暗号通貨業界でフルタイムで活動。暗号通貨関連のコンテンツ制作、メディア運営、サービス企画・開発、国内外のプロジェクトの支援など幅広く活躍。

特に暗号通貨専門の動画チャンネル「ビットコイナー反省会」は、業界内外から特別ゲストを招き、暗号通貨、ブロックチェーンの技術、業界を独自の視点からカバーしており、広く支持されている。 また、IndieSquareの元共同創業者として、トークンエコノミーの分野のパイオニアとしての顔も持ち、ブロックチェーンを利用したトークンのビジネスモデル、ICO,分散アプリケーション上のトークン設計などにも詳しい。

1988年茨城県つくば市出身。高校卒業後渡米。カリフォルニア大学バークレー校環境経済学科卒。

 

コラムニスト、提携グループ紹介

ビットコイン研究所では主宰の大石と東に加えて、ビットコイン、暗号通貨、ブロックチェーンの各分野での専門家、リサーチグループと提携しています。特にビットコインに関しては技術、トレンド、ビジネス、マーケットなどの観点から、どこよりもわかりやすく深く解説しています。

 

ヨーロピアン (@sen_axis)

暗号通貨の技術が好きなトレーダー。データ分析を頼りにトレードを行っている。 また、仮想通貨トレーダー向けのサロン、Coinrunも共同運営。

[メディア掲載履歴]
約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?

 

加藤規新(@btc_dakara

1994年生まれ、シカゴ大学でGISやコンピューターサイエンスを学び学士号取得。2016年末よりビットコインに関するリサーチをしており、今までにいくつかのブログやサロンで解説を担当。 ビットコインについて一番好きなところはパーミッションレスに誰でも使うことができること。 2019年4月よりトラストレス・サービス株式会社代表。

 

佐々木 徹(@CocostaGeekend

トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

 

Stir(@Stir_Network_JP

https://stir.network/

「ブロックチェーンのUXを改善し、 誰でもその恩恵を受けられるようにする」というMissionのもと、TezosやCosmosやDPoSサーバーの運営やノード構築サポートなどを行っている。PoSの金利や利率の定点観測やステーキングサービス事情についてレポートにまとめる。

 

 

法人プランを確認する

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る